【よし移住しよう】生命がいるかも!?NASAの宇宙望遠鏡が地球と似た環境の惑星を発見
人気記事ランキング
オススメ記事!
オススメ記事!


1: 自治郎 ★ 2020/01/12(日) 18:54:31.26 ID:G9C46ML09

NASAは2020年1月6日(現地時間)、太陽系の外にある惑星を観測するために打ち上げた人工衛星TESSと、スピッツァー宇宙望遠鏡の観測で、

 

地球と似た条件を備えた、地球とほぼ同じサイズの惑星を新たに発見したと発表しました。

 

NASAの太陽系外惑星観測衛星TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)は、2018年4月18日にスペースXのファルコン9ロケットで打ち上げられました。

 

地球の周りを周回しながら、太陽系の外にある惑星を発見し、その様子を観測しています。

 

今回見つかった惑星は、南天の星座「かじき座」方面にある「TOI 700」という小さな星の周りを公転する惑星。

 

地球からは約100光年離れています。

 

TOI 700の星系は、TESSのミッション最初の年に観測した13セクター(1セクターあたり27日間観測)のうち、第11セクターで発見されました。

 

新しく見つかった惑星は、仮の名称として母星の名前とともに、

 

軌道の内側から順にa、b、cという記号(一番内側は母星の光にまぎれて見落とす可能性があるので、通常はbから)を組み合わせて命名されます。

 

このうち、一番外側を周回する「TOI 700d」の交点軌道が、液体の水が存在でき、生命存在の可能性がある「ハビタブルゾーン」に入っていることが分かったのです。

 

当初は母星のTOI 700が、太陽と同じくらいの表面温度を持つと考えられていたのですが、

 

高校生や大学院生を含む研究チームが観測データの補正を行った結果、TOI 700は太陽と比較して約40%の大きさと質量、そして表面温度は太陽の半分ということが判明。

 

これにより、公転軌道が近すぎると考えられていたTOI 700dが、ハビタブルゾーンに入るようになりました。

 

TESSの観測データに加え、スピッツァー宇宙望遠鏡の観測により、TOI 700dの軌道周期の測定誤差を56%向上させ、惑星自体の大きさも38%誤差を小さくすることに成功。

 

さらに地上のラスクンブレス天文台(LCO)ネットワークの望遠鏡でも観測し、TOI 700cの軌道周期と大きさの測定誤差も、それぞれ30%、36%向上させて信頼度を高めました。

 

それによると、TOI 700dは大きさが地球より20%ほど大きく、公転周期は37日。

 

自転周期も37日なので、地球に対する月のように、常にTOI 700の方を向く昼間の「表面」と常に夜の「裏面」が存在します。

 

表面が母星のTOI 700から受けるエネルギーは、地球が太陽から受けるエネルギーの86%ほどと見積もられています。

 

将来のミッションでは、このTOI 700dに大気が存在するかどうかの特定も行うとのこと。

 

もし大気の存在が確認できた場合には、その組成についても測定し、惑星の気候モデルが作れるかもしれないそうです。

 

TOI 700dは自転速度が地球と違い、常に光を受ける側と影になる側が存在するので、

 

大気があってもおそらく地球のような大気循環モデルが形成されず、雲や風といった気候の状態は地球とかなり違ったものになりそうだと研究者は考えているようです。

 

2020/1/8 10:32

 

TOI 700d

 

 

 

 

 

TESS Mission’s First Earth-size World in Star’s Habitable-zone

 

 

続きはソースで…

 

関連系動画地球と似た環境の惑星を発見!

94: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 21:34:30.78 ID:u8oOQyVY0
>>1
ああ、俺の故郷だ

逝ってきます

これは生命体いそう

この星に行く前に人類は滅亡してそう
2: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 18:54:46.96 ID:w1gmhu7p0
お、夢があるね

 

 

3: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 18:55:15.05 ID:b6OJ2iJ30
いてもおかしくないと思うけどどうなんだろうな

 

 

6: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 18:57:32.45 ID:BHW6TGKM0
お友達になれそうだな。

 

 

7: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 18:57:41.42 ID:Ot4nYqXj0
生命はいるよ。

 

 

14: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:00:48.78 ID:We48Kg+r0
火星にすら行けないのに、そんなもん発見してなんになるの?(笑)

 

 

20: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:03:09.74 ID:Fse9lbuI0
100光年は遠すぎるな
それに似てても表面温度が太陽の半分もある予想なのか

 

 

66: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:54:04.84 ID:b1Ono6bP0
>>20
たとえ光速で移動できても、赤ちゃんがお爺ちゃんになって老衰死しちゃう距離だしな
あ、年取らないんだっけ?
ウラシマ効果?

 

 

21: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:03:20.86 ID:PKT6gXsm0
で、どうやって行くのかね?

 

 

23: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:03:51.39 ID:L17ryqdg0
青いけど水かどうかはわからないからな

 

 

29: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:08:34.78 ID:JL9exQXu0
雲あるのね
生命いそうだね

 

 

34: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:15:04.97 ID:6PDlOCcG0
ガンダムのネトゲすると行ける惑星か

 

 

41: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:22:09.55 ID:UFgppAty0
ホーキング博士の最後の言葉
「他の星の文明は人類滅亡につながるだけ」

 

 

42: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:22:27.24 ID:nwEk/5Ok0
向こうもこちらを見ている (´・ω・`)

 

 

55: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:37:21.42 ID:HOo2G8ae0
こういうの何回目だよもう
似たような星なんていくらでもあるだろ
生命体発見してからニュースにしろ

 

 

65: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:50:10.10 ID:A5SvQEL90
>>55
予算を減らされないよう常に何かを発見してるww

 

 

58: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:41:50.50 ID:rGN6ZcgW0
取りあえず月いこう

 

 

60: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:45:29.67 ID:RMOSQMpJ0
向こうの星の住人が、地球より少しだけ科学力が進んでいて、平和的な種族ならいいなあ

 

 

63: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:46:26.98 ID:lrcaDUkr0
宇宙戦争くる?

 

 

64: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 19:46:50.24 ID:PohfLO0d0
よし移住しよう

 

 

73: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 20:30:19.26 ID://EFqkSa0
パチクリ NASA「あ、やべ。目が合った」(;^ω^)

 

 

78: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 20:52:16.68 ID:e8aUgKJM0
他の星にもアイドルがいる!

 

 

82: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 21:12:47.57 ID:yQfeVnhq0
200光年歳まで生きられるようになれば無問題

 

 

89: 名無しさん@1周年 2020/01/12(日) 21:28:13.57 ID:IQQKRFlw0
100光年
1年間で光が移動できる距離は9兆4600億キロメートル
その100倍で946兆キロメートルか
1兆が10000億
つまり俺が光速で移動できるヒカリさんとする
TOI 700dに行くのに100年かかるww
死んでるわww
光速は秒速30万km/h
地球一周が4万kmなので
1秒で地球を7.5周するスピードで飛べる俺がTOI700に到達するのに100年(笑)
どこか近いねん( ・ε・)
つか、ロケットの速度がアバウトで
時速40,000km(1時間で地球を1周)
その3600倍のスピードでオレが飛べるわけねーし
呼吸できないww

 

 

131: 名無しさん@1周年 2020/01/13(月) 06:06:33.19 ID:MUaL4wzf0
宇宙人「地球に知的生物がいるって聞いて行ってみたらバカばっかりでがっかりしたわ」

火星にでも行けてないというのに、こんど夢で逝ってみるか…

 

 

オススメ記事!













Twitterでフォローしよう

おすすめの記事