『石見銀山』で見かけたコカ・コーラの自販機 「完全に町と同化してる」

 

町並みに同化している自動販売機

投稿者さんが撮影したのは、コカ・コーラ社の自動販売機。コカ・コーラ社の自動販売機といえば、一般的には赤色で町中でもよく目立つ色合いです。

 

 

「そんな自動販売機なんて珍しくないじゃないか」と思われるでしょうが…こちらの動画をご覧ください。

 

 

木の枠組みで覆われていて、まったく自動販売機に見えません!

 

この自動販売機が置いてあるのは、島根県にある世界遺産・石見銀山のレトロな町並みが残る大森地区。

 

 

町の景観を損ねないように、こうした作りになっているのでしょう。

 

続きはソースで…

 

その他色々な同化自販機!

 

 

 

 

それは美しいエリアであり、素晴らしい自動販売機です!!

日本人が見てもふつくしいな

いけるやんけ

日本にも誇れるものが…
日本人がこの貴重なマシンを構築する素晴らしい創造性を持っていることは素晴らしいことです!!!

無茶苦茶な日本語
横から見ると自販機に見えないですね。町並みに溶け込ませる配慮が良いですね^^

 

 

 

ちょっとの間、日本は機械式自動販売機を作ったと思った

だいぶ前から作ってますけど、何か

 

 

自動販売機のデザインは、雰囲気、近所、景色にぴったりです!!! 😍😍😍

この武器で韓国にアピールするニダ

 

自動販売機のデザインに思いやりがあり、田舎の風景に合うようになっていることが大好きです

 

 

彼らがそこでした素晴らしいこと!
自動販売機は、町の美学に合うような巧妙な方法で覆われていました! ラブリー!

 

 

 

自動販売機は木でできているので、上司は金属製の自動販売機が欲しくないと100%確信していました。
なんて奇跡でしょう!

 

 

 

その場所はどこにありますか? あまりにも明確で、甘く、穏やかでリラックス。
..私はそこへ行きたい!

ワイも早く逝きたい

 

 

なんて美しい村、そして小川。 自動販売機も素晴らしく、ユニークでした。

ユニークでインタレスティングですねwwwwwwwwwwwwwwww

 

 

悪くはありませんが、機械自体が金属製であることは明らかです。
ちょうどその町の人々が木枠を作り、機械に入れました。
しかし、機械自体は100%木でできているわけではありません。

社会人のワイ、職場で誰からも相手されず、同化する…

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事