【明日は我が身だ!】孤独死のミニチュアを作り続ける遺品整理人、伝えたい

 

遺品整理ってどうやって頼めばいいの? 「孤独死のミニチュア」を作り続ける遺品整理人に聞く「現場」の話いつ頼らなければならなくなるか、誰もわからない。

 

 

 

「孤独死が誰にとってもひとごとではないことを伝えたい」という思いから、自身が見てきた孤独死の現場を題材にしたミニチュア模型を作っている遺品整理人、小島美羽(こじま・みゆ)さん。

 

 

2019年8月に出版した初の著書『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死のはなし』(原書房)は、発売後2週間で重版がかかる大反響となりました。

 

 

ねとらぼ編集部は、小島さんの働く遺品整理・特殊清掃の会社「遺品整理クリーンサービス」を訪れ、直接お話をうかがいました。

 

 

連続インタビュー第2回目は、なかなか知る機会のない特殊清掃、遺品整理の現場に迫ります。

 

続きはソースで…

 

その他関連が近い動画!

 

 

これからはこの現実がもっと加速するだろな

いくら家族がいるとはいえ孤独死してしまう現実

迷惑かけるかもしれんが仕方ねぇよな?

 

 

はい、明日が我が身です

でも自宅で死ねるってことはありがたいことなのかもしれない

 

 

涙を流す前に自分の両親を大切にしる

なんかコナンくせえ

皮膚フニャフニャになってそう

やっぱり、嫌でも連絡は取るべきだね

言葉には言い表せない…か…

バカにしてんだろwwwwwwwwwwww

人間の油って凄いよな、どっからハエが湧くのか不思議

ウジ虫の卵でも持ってんのかな

色々な意味を込めて、ご冥福をお祈り申し上げます、明日は我が身と
RSS






























Twitterでフォローしよう

おすすめの記事